月影の窓のむこうに、なつかしくあえかに広がる夢と幻想の世界。魅せられしは美しき銀幕の紳士たち。其処に埋もれるのは私の心であり源であろう。永久なる夢と浪漫に愛を込めて。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ジェレミー・アイアンズ:JEREMY IRONS
2008-01-19 Sat 20:18
JEREMY IRONS

JEREMY IRONS1

ジェレミー・アイアンズ:JEREMY IRONS
1948年9月19日 イギリス・ワイト島生まれ
本名:Jeremy John Irons 

◆代表作◆
アパルーサ (2008)
インランド・エンパイア (2006)
エラゴン 遺志を継ぐ者 (2006)
キングダム・オブ・ヘブン (2005)
カサノバ (2005)
エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~ (2005)
ヴェニスの商人 (2004)
華麗なる恋の舞台で (2004)
タイムマシン (2002)
永遠のマリア・カラス (2002)
男と女 アナザー・ストーリー (2002)
フォース・エンジェル (2001)
ダンジョン&ドラゴン (2000)
仮面の男 (1998)
チャイニーズ・ボックス (1997)
ロリータ (1997)
魅せられて (1996)
ダイ・ハード3 (1995)
ライオン・キング (1994)  
愛と精霊の家 (1993)
エム・バタフライ (1993)
ダメージ (1992)
秘密 (1992)
KAFKA/迷宮の悪夢 (1991)
浮気なシナリオ (1990)
運命の逆転 (1990)
ダニー ぼくらは世界一の名コンビ! (1989)
戦慄の絆 (1988)
ミッション (1986)
スワンの恋 (1983)
野鴨 (1983)
華麗なる貴族 (1981)
フランス軍中尉の女 (1981)
ニジンスキー (1979)

1998年度ヨーロッパ映画賞:特別功労賞受賞
1990年度アカデミー賞:主演男優賞受賞
1990年度ゴールデン・グローブ賞:男優賞受賞
1990年度全米批評家協会賞:主演男優賞受賞
1990年度LA批評家協会賞:男優賞受賞
1988年度NY批評家協会賞:男優賞受賞
トニー賞、エミー賞 その他多数受賞されている。

★ダーク・ボガード亡き後、私の最も大好きな英国男優さま!今現役の世界中の男優さまの中で最も好き。舞台俳優としてのキャリアからなので、映画デビューは遅い(英国俳優の特徴でもある)けれど、現在も舞台と映画を両立し、ヨーロッパ映画とハリウッド映画と現役の第一線で活躍してくださっていることが嬉しい。独自の繊細な技巧による素晴らしい演技派俳優のおひとりなのです♪

『作品を検索』

スポンサーサイト
別窓 | ジェレミー・アイアンズ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『男優館』や綴っていることについて♪ | 麗しき銀幕の住人たち(男優館) | ジェラール・フィリップ:GERARD PHILIPE>>
この記事のコメント
ありがとうございます☆
さてさて様、コメントありがとうございます!
はい、上のお写真は「ダメージ」です。下のお写真は私も大好きでお気に入りです。かっこいいです。あの役柄見事だったですよね!!(見事な演技は多々ありますが)☆このお写真は私もLD持っています。ビデオともDVDともジャケットが異なりますね。LDはジャケット観賞用っていう感じで再生していないのです...。宣伝用のお写真だったのですね。でも、どうしてLDだけに使われたのでしょう...。

デヴィッド・リンチ監督好きでアイアンズ出演の「インランド・エンパイア」ですが、まだ未見なのです。関西公開は猛暑の折でして無理でした(根性なさすぎ)、そして、DVDかなり高額ですよね...でも早く観てあの不可思議な世界に浸っていたいです。あっ、「エリザベス1世」素晴らしかったです!!ヘレン・ミレンも好きなので。お二人お揃いでエミー賞受賞だったですよねv-64

私もかなり英国贔屓なので嬉しいです!さてさて様の知識の足下にも及びませんが、これからも反応くださいね。

追伸.「ヴィーナス」来週末までなので行ってきます。年老いても素敵なピーター・オトゥールさんは英国の宝ですものね。奥様役にはヴァネッサ・レッドグレイヴ様~!!ですし、またご報告いたします。

長くなるので、もっと更新してゆきます~♪
いつもありがとうございます!

2008-02-07 Thu 02:39 | URL | chouchou #z8Ev11P6[ 内容変更]
やはり
この方とあっては登場したくなってしまいます(笑)。
上のカラー写真は「ダメージ」とか「ロリータ」っぽい気がしますが
当たっているかどうか自信無いです。
(大好きな「エム・バタフライ」だったりするとファン失格ですね。<笑)
白黒のお写真は「運命の逆転」の宣伝時のものですね。
映画の中のイメージとは異なりますが、この片眼鏡姿は大好きです。
「運命の逆転」LDジャケ版やイタリアの雑誌掲載時のものを所持しております。

リンチ映画におけるジェレミーさんの在り方が如何様なものか興味津々だった「インランド・エンパイア」では意表を突いて映画の登場人物中、唯一ブレが無いという役柄で、良い意味で浮きまくっていて観ながらかなりクスクスしてしまい、ファンでなくては笑わないかもしれない場面であるが故に、周囲のお客さんに迷惑かけてしまいました(苦笑)。
英国の役者さんはこのような反応したくなる方が多くて時に困ります(笑)。
2008-02-05 Tue 03:27 | URL | さてさて #-[ 内容変更]
初コメントをありがとうございます♪
BLUGIRLさま☆初コメントありがとうございます!!いつもありがとうございます♪
本当に好きなピンとくる感覚など、近くていつもお話させて頂き嬉しくて仕方がありません(笑)。

はい、「仮面の男」もう何回も観ています。中年四銃士がかっこいいのですが、特にこのアイアンズが素敵で!素敵で~☆

いつまでも仲良くしてくださいね♪v-254
2008-02-03 Sun 05:04 | URL | chouchou #z8Ev11P6[ 内容変更]
素敵ですね。
私もこの方、好きですね。
とはいえ、名前もきちんと知りませんでしたが、一番最初の写真を見て、何故か、なつかしいなあと思いました。
そういえば、「仮面の男」にでていましたよね。それで、懐かしく思ったのだと思います。
感覚的に、ぴんとくるというか、好きだなあと思う男優さまですね。
ほんとに素敵ですね。
2008-01-28 Mon 21:05 | URL | BLUGIRL #mQop/nM.[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 麗しき銀幕の住人たち(男優館) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。