月影の窓のむこうに、なつかしくあえかに広がる夢と幻想の世界。魅せられしは美しき銀幕の紳士たち。其処に埋もれるのは私の心であり源であろう。永久なる夢と浪漫に愛を込めて。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ダーク・ボガード:DIRK BOGARDE
2007-12-23 Sun 02:24
DIRK BOGARDE1

DIRK BOGARDE

ダーク・ボガード:DIRK BOGARDE
1921年3月28日 イギリス・ロンドン生まれ 没年:1999年5月8日
本名:Derek Jules Gaspard Ulric Niven van den Bogaerde

◆代表作◆
ダディ・ノスタルジー (1990)
ザ・ビジョン/衛星テレビの陰謀 (1987)
パトリシア物語 (1981)
遠すぎた橋 (1977)
プロビデンス (1977)
殺しの許可証 (1975)
愛の嵐 (1973)
エスピオナージ (1973)
ベニスに死す (1971)
アレキサンドリア物語 (1969)
地獄に堕ちた勇者ども (1969)
素晴らしき戦争 (1969)
フィクサー (1968)
できごと (1967)
唇からナイフ (1966)
キプロス脱出作戦 (1965)
ダーリング (1965)
地獄のガイドブック (1964)
銃殺 (1964) 出演
マインド・ベンダース (1963)
召使 (1963)
合言葉は勇気 (1962)
戦艦デファイアント号の反乱 (1962)
愛と歌の日々 (1962)
黒い狼 (1960)
夜と昼の間 (1960)
わが恋は終りぬ (1960)
風は知らない (1958)
キャンベル渓谷の激闘 (1957)
二都物語 (1957)
将軍月光に消ゆ (1956)
私のお医者さま (1955)
暗黒大陸 マウマウ族の反乱 (1954)
求婚物語/エンゲージリング・ストーリー (1954)
断固戦う人々 (1953)
ジェントル・ガンマン (1952)
兇弾 (1949)
四重奏 (1949)

1963年度英国アカデミー賞:主演男優賞受賞
1965年度英国アカデミー賞:主演男優賞受賞

★英国の格調高きダンディズムの香り!英国男優さまに好きなお方が多いのですが、その根源はサー・ダーク・ボガードに辿り着くようです♪

『作品を検索』

スポンサーサイト
別窓 | ダーク・ボガード | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<私の好きな男優 (ドイツ) | 麗しき銀幕の住人たち(男優館) | 私の好きな男優 (英国)>>
この記事のコメント
ありがとうございます♪
シネマで現実逃避さま。

おはようございます!
此方にまでコメントを頂き嬉しいです♪
お返事が遅れまして申し訳ございません。

その『レターズ』は発売された時、全く知らずにおりまして買い逃してショボン~となっているものなのです...気長に、いつか古本か再販してくださるのを待っています。結構、いつの日にか...と探し物を待つのは好きだったりします(笑)。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します!!v-254
2008-07-17 Thu 10:42 | URL | chouchou #z8Ev11P6[ 内容変更]
どもー♪
本日は、こちらにもお邪魔させていただきました!

ダーク・ボガードを見つけて嬉しさのあまり、コメントさせて頂きます。

「愛の嵐」で初めて知った男優ですが、
「ベニスに死す」や、「地獄に堕ちた勇者ども」もいいですねえ。

ちなみに、たぶん、もう絶版となっていると思いますが、
ダーク・ボガードが、ある女性と、文通をしていたときの話を、手紙形式で綴った「レターズ」という本を出版していたのはご存知ですか?

淡い、大人の恋・友情が垣間見れて、素敵な本ですよ。

また、遊びにきまーす!
2008-07-13 Sun 08:28 | URL | シネマで現実逃避 #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 麗しき銀幕の住人たち(男優館) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。