月影の窓のむこうに、なつかしくあえかに広がる夢と幻想の世界。魅せられしは美しき銀幕の紳士たち。其処に埋もれるのは私の心であり源であろう。永久なる夢と浪漫に愛を込めて。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ピエール・クレマンティ:PIERRE CLEMENTI
2009-03-04 Wed 11:39
clementicinemachouchou

clementicinemachouchou1

ピエール・クレマンティ:PIERRE CLEMENTI
1942年9月28日 フランス・パリ生まれ 没年:1999年12月27日

◆代表作◆
グッバイ・モロッコ (1998)
惑星アルカナル/宇宙からの使者 (1990)  
愛と死の天使 (1983)
狂気/密室の恐怖地獄 (1983)  
狼獣(けだもの)たちの熱い日 (1983)  
カルテット (1981)  
北の橋 (1981)  
赤いポスター (1976) 
スウィート・ムービー (1974)
ステッペンウルフ/荒野の狼 (1974)  
小さな唇 (1974)  
暗殺の森 (1970)  
内なる傷痕 (1970)  
豚小屋 (1969)  
処女の寝台 (1969)  
銀河 (1968)  
めざめ (1968)  
アイドルたち (1968)
奇襲戦隊 (1967)  
昼顔 (1967)
凶悪犯 (1966)
山猫 (1963)  
草原の脱走 (1960)

★私のお気に入り男優さまは美形ながらもどこか妖しい雰囲気のお方が目立つ。このピエール・クレマンティも特異な魅力のお方。嬉しいことに私の大好きな俳優、監督たちとの作品が多い。けれど、日本公開されたものは少ないのが残念。惜しくも1999年に57歳でお亡くなりになられたのも先日のよう。どこか破天荒な少年性と愛らしい口元もチャームポイント♪

『作品を検索』

スポンサーサイト
別窓 | ピエール・クレマンティ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジャン=ユーグ・アングラード:JEAN-HUGUES ANGLADE
2008-07-06 Sun 03:00
JEANHUGUEScinemachouchou

Jean-Huguescinemachouchou

ジャン=ユーグ・アングラード:JEAN-HUGUES ANGLADE
1955年7月29日 フランス・トゥアール生まれ
本名:Jean Hughes Anglade

◆代表作◆
セックス依存症だった私へ (2008) 
テイキング・ライブス (2004)
ラクダと針の穴 (2003)  
略奪者 (2002)
青い夢の女 (2000)
ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア
甘い嘘 (1999)
裸足のトンカ (1997)  
マキシマム・リスク (1996)  
とまどい (1995)  
世界で一番好きな人 (1995)  
君が、嘘をついた。 (1995)  
王妃マルゴ (1994)    
キリング・ゾーイ (1993)  
メランコリー (1993)  
鯨の中のジョナ (1993)  
ベティ・ブルー/インテグラル完全版  
ラストファンタジー (1991)  
夜ごとの夢/イタリア幻想譚 (1991)  
ニキータ (1990)
真夜中の恋愛論 (1990)
インド夜想曲 (1988)  
恋の病い (1987)  
ベティ・ブルー/愛と激情の日々 (1986)  
シーデビル (1985) 
サブウェイ (1984)  
傷ついた男 (1983)

1995年度セザール賞:助演男優賞受賞

★お待たせ!!(っと私自身とある友たちへ)の愛しきジャン=ユーグ・アングラードです♪初めて知ったのは『ベティ・ブルー』。いつの間にかもう50代になられているけれど素敵です。下のお写真は2006年作品(未公開)のものですがイギー・ポップを彷彿させるようです。『キリング・ゾーイ』のジャン=ユーグがとても好きな相方の”カッコイイ!”という言葉のニュアンスがようやく明確になってきた今日この頃。私はというと、一人で映画館通いを始めたのは80年代。この時期は英国から続々と美しき男優方が登場していた。フランス映画界は”ジェラール・ドパルデュー全盛期!”ながら、この優男な香気漂う少年ぽいジャン=ユーグがいたのです!ランベール・ウィルソンももうすぐ50代。私の別格的に大好きな男優様たちの中では若手に属していたのだけれど、そういう私も歳を重ねているのだと想うと不思議♪

『作品を検索』

別窓 | ジャン=ユーグ・アングラード | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ランベール・ウィルソン:LAMBERT WILSON
2008-06-03 Tue 02:53
Lambert Wilson1cinemachouchou

Lambert Wilsoncinemachouchou

ランベール・ウィルソン:LAMBERT WILSON
1958年8月3日 フランス・パリ生まれ

◆代表作◆
サハラ 死の砂漠を脱出せよ (2005)
キャットウーマン (2004)
マトリックス リローデッド (2003)
マトリックス レボリューションズ (2003)
タイムライン (2003)  
巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト) (2003)
迷宮の女 (2003)
ラクダと針の穴 (2003)  
ドン・キホーテ ラ・マンチャの男 (2000) 
女優マルキーズ (1997)  
恋するシャンソン (1997)  
妻の恋人、夫の愛人 (1996)  
ジェファソン・イン・パリ 若き大統領の恋 (1994)
フランケンシュタイン (1993)  
「彼女」の存在 (1992)  
ソフィー・マルソーの愛、革命に生きて (1988)  
悪霊 (1987)  
エル・ドラド (1987)  
建築家の腹 (1987)  
肉体と財産 (1986)  
ブルー・チェイス・ブルー (1986)  
ランデヴー (1985)  
ルージュ・ベーゼ 15才の恋 (1985)  
私生活のない女 (1984)  
他人の血 (1984)  
サハラ (1983)  
氷壁の女 (1982)  
ラ・ブーム2 (1982)
ベルサイユのばら (1979)
ジュリア (1977)

★「ジュリア」の端役で映画デビュー。フランスの俳優さまですが早くから国際的に活躍されており、もうすぐ50歳になられますが端正なお顔と長身のスタイルも崩れてはおりません。アイリッシュの血も流れておられ英国で演技の基礎を学まばれたようです。なのでノーブルな佇まいも納得。幅広い役柄をこれまで演じておられますが、どれも素敵!時々、変な役柄も。個人的な劇場リアルタイムの「サハラ」(1984年公開)以来、とってもお気に入りの男優さまのおひとりなのです♪

『作品を検索』
別窓 | ランベール・ウィルソン | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジャン=クロード・ブリアリ:JEAN=CLAUDE BRIALY
2008-03-20 Thu 05:53
BRIALY1cinemachouchou

BRIALYcinemachouchou

ジャン=クロード・ブリアリ:JEAN=CLAUDE BRIALY
1930年3月30日 アルジェリア・オマール生まれ 没年:2007年5月30日

◆代表作◆
青い自転車 (2000)
モンテ・クリスト伯 (1998)
恋人たちのポートレート (1996)
ボーマルシェ/フィガロの誕生 (1996)
フランスの女 (1995)
王妃マルゴ (1994)
百一夜 (1994)
ロベルト・ベニーニのMr.モンスター (1994)
恋の病い (1987)
大迷惑 (1987)
マーシェンカ (1987)
ザ・クライム/陰謀の罠 (1986)
なまいきシャルロット (1985)
トリエステから来た女 (1983)
サイキックゾーン (1982)
愛と哀しみのボレロ (1981)
カンヌ映画通り (1981)
華麗なる女銀行家 (1980)
2人のロベール/花嫁募集中 (1978)
脱獄の報酬 (1976)
バロッコ (1976)
判事と殺人者 (1976)
麗しのカトリーヌ (1975)
自由の幻想 (1974)
ロミー・シュナイダーの情事 (1973) 監督
殺人代理人 (1972)
小さな約束 (1972) 監督・脚本
ランボー/地獄の季節 (1971)
クレールの膝 (1970)
キャサリン大帝 (1968)
黒衣の花嫁 (1968)
愛すべき女・女(め・め)たち (1967)
奇襲戦隊 (1967)
奇想天外・泥棒大作戦 (1967)
恋のマノン (1967)
まぼろしの市街戦 (1967)
アンナ (1966)
私は彼女をよく知っていた (1965)
男を追って (1964)
ピストン野郎 (1964)
輪舞 (1964)
いっちょう頂き (1963)
俺は知らない (1963)
新7つの大罪 (1962)
スエーデンの城 (1962)
火刑の部屋 (1962)
フランス式十戒 (1962)
女は女である (1961)
5時から7時までのクレオ (1961)
素晴らしき恋人たち (1961)
ダンディ (1961)
ヒッチ・ガール (1961)
いとこ同志 (1959)
いまだ見ぬひと (1959)
大人は判ってくれない (1959)
学生たちの道 (1959)
狂った夜 (1959)
男の子の名前はみんなパトリックっていうの (1959)
恋ひとすじに (1958)
水の話/プチ・シネマ・バザール (1957~1989)
死刑台のエレベーター (1957)
美しきセルジュ (1957)
恋多き女 (1956)
王手飛車取り (1956)

1987年度セザール賞:助演男優賞受賞

★アラン・ドロンを始め、多くの仲間から信望を得ていたお方。私はブリアリが画面に登場すると何故だかホッとするような不思議な魅力のお方で大好き!助演が素晴らしいと主役も引き立つのかもしれない。ヌーヴェル・ヴァーグ映画にも欠かせないお方でした♪

『作品を検索』
別窓 | ジャン=クロード・ブリアリ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
イヴ・モンタン:YVES MONTAND
2008-02-29 Fri 05:13
MONTANDcinemachouchou

MONTAND

イヴ・モンタン:YVES MONTAND
1921年10月13日 イタリア・モンスマーノ生まれ 没年:1991年11月9日
本名:Ivo Livi

◆代表作◆
IP5 愛を探す旅人たち (1992)
想い出のマルセイユ (1988)  
愛と宿命の泉 PART I  フロレット家のジャン (1986)  
愛と宿命の泉 PART II 泉のマノン (1986)  
ギャルソン! (1983)  
炎のごとく (1982)  
メナース (1977)  
赤ちゃんは紳士がお好き? (1976) 
真夜中の刑事 PYTHON357 (1976)  
うず潮 (1975)  
友情 (1974)  
戒厳令 (1973)  
潮騒 (1972)  
大乱戦 (1972)  
夕なぎ (1972)  
万事快調 (1972)  
仁義 (1970)
晴れた日に永遠が見える (1970)  
悪党 (1969) 
告白 (1969)  
Z (1969)  
ミスター・フリーダム (1968)
イヴ・モンタンの深夜列車 (1967) 
パリのめぐり逢い (1967)  
グラン・プリ (1966)  
パリは燃えているか (1966)  
七人目に賭ける男 (1965)  
戦争は終った (1965)  
青い目の蝶々さん (1961)  
さよならをもう一度 (1961)
サンクチュアリ (1961) 
恋をしましょう (1960)  
掟 (1958)  
すずらん祭 (1958)  
青い大きな海 (1957)  
シャンソン・ド・パリ (1957)
人間と狼 (1957)  
サレムの魔女 (1956)
悪の決算 (1955)  
夜のマルグリット (1955) 
ナポレオン (1954)
恐怖の報酬 (1953)  
失われた想い出 (1950) 
枯葉 / 夜の門 (1946)
光なき星 (1945)

1973年度ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞:男優賞受賞
1957年度カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭:男優賞受賞

★エディット・ピアフに歌手として見い出され育てられたモンタン。映画デビュー後も歌手と俳優として共に代表作・名作(名曲)を多数残されたお方。家族でムッソリーニ政権を逃れるためにフランスに移住。1951年にシモーヌ・シニョレと結婚(シニョレの死まで夫婦であった)。此処に挙げている私の好きな男優様たちの出演作で嫌いなものはないと思う。モンタンは足も長くミュージカルから社会派ドラマまで幅広く演じ、どこか哀愁の漂う中年期以降のお姿が特に大好きなのです♪

『作品を検索』

別窓 | イヴ・モンタン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジェラール・フィリップ:GERARD PHILIPE
2008-01-19 Sat 03:20
GERARD PHILIPE1

GERARD PHILIPE

ジェラール・フィリップ:GERARD PHILIPE
1922年12月4日 フランス・カンヌ生まれ 没年:1959年11月25日
本名:Ge'rard Robert Philip

◆代表作◆
危険な関係 (1959)
熱狂はエル・パオに達す (1959)
勝負師 (1958)
モンパルナスの灯 (1958)
奥様ご用心 (1957)
男の世界 (1956)
戦いの鐘は高らかに (1956)
夜の騎士道 (1955)
赤と黒 (1954)
しのび逢い (1954)
狂熱の孤独 (1953)
七つの大罪 (1952)
花咲ける騎士道 (1952)
夜ごとの美女 (1952)
愛人ジュリエット (1950)
輪舞 (1950)
失われた想い出 (1950)
悪魔の美しさ (1949)
すべての道はローマへ (1948)
美しき小さな浜辺 (1948)
肉体の悪魔 (1947)
パルムの僧院 (1947)
星のない国 (1946)
白痴 (1945)

★フランス映画史上、このお方を凌ぐ美しい男優を知らない。きっと今後も有り得ないように想っています。顔形のみならず立ち姿や漂う品性と香気♪早過ぎる死が惜しまれますがファンファンは数々の名作と共に永遠です☆

『作品を検索』

別窓 | ジェラール・フィリップ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
アラン・ドロン:ALAIN DELON
2007-12-23 Sun 01:51
delon

delon1

アラン・ドロン:ALAIN DELON
1935年11月8日 フランス・パリ生まれ

◆代表作◆
アラン・ドロンの刑事フランク・リーヴァ (2003~2004)
アラン・ドロンの刑事物語 (2001)
ハーフ・ア・チャンス (1998)
百一夜 (1994)
カサノヴァ最後の恋 (1992)
ヌーヴェルヴァーグ (1990)
私刑警察 (1988)
シネマ (1988)
デーモン・ワールド (1986)
復讐のビッグガン (1986)
真夜中のミラージュ (1984)
スワンの恋 (1983)
鷹 (1983)
最後の標的 (1982)
危険なささやき (1981)
テヘラン (1981)
ナイトヒート (1981)
ポーカー・フェイス (1980)
未知の戦場/ヨーロッパ198X (1980)
エアポート'80 (1979)
チェイサー (1978)
友よ静かに死ね (1976)
パリの灯は遠く (1976)
ブーメランのように (1976)
プレステージ (1976)
フリック・ストーリー (1975)
ル・ジタン (1975)
アラン・ドロンのゾロ (1974)
個人生活 (1974)
ボルサリーノ2 (1974)
愛人関係 (1973)
暗黒街のふたり (1973)
スコルピオ (1973)
燃えつきた納屋 (1973)
暗殺者のメロディ (1972)
高校教師 (1972)
ショック療法 (1972)
ビッグ・ガン (1972)
リスボン特急 (1972)
帰らざる夜明け (1971)
もういちど愛して (1971)
レッド・サン (1971)
栗色のマッドレー (1970)
仁義 (1970)
ジェフ (1969)
シシリアン (1969)
ボルサリーノ (1969)
あの胸にもういちど (1968)
さらば友よ (1968)
太陽が知っている (1968)
悪魔のようなあなた (1967)
サムライ (1967)
冒険者たち (1967)
世にも怪奇な物語 (1967)
テキサス (1966)
パリは燃えているか (1966)
名誉と栄光のためでなく (1966)
泥棒を消せ (1965)
黄色いロールス・ロイス (1964)
危険がいっぱい (1964)
さすらいの狼 (1964)
黒いチューリップ (1963)
地下室のメロディー (1963)
山猫 (1963)
太陽はひとりぼっち (1962)
フランス式十戒 (1962)
素晴らしき恋人たち (1961)
生きる歓び (1960)
若者のすべて (1960)
太陽がいっぱい (1960)
学生たちの道 (1959)
黙って抱いて (1959)
お嬢さん、お手やわらかに! (1958)
恋ひとすじに (1958)
女が事件にからむ時 (1956)

★私の最初に好きになった異国のスター!アラン・ドロン大好き一家で育った影響は大きいようです。男性ファンも多いのも納得のクールなカッコ良さ♪

『作品を検索』

別窓 | アラン・ドロン | コメント:5 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
私の好きな男優 (フランス)
2007-12-23 Sun 01:50
★格別大好きなお方を随時追記してゆきます。

ピエール・クレマンティ:PIERRE CLEMENTI
ジャン=ユーグ・アングラード:JEAN-HUGUES ANGLADE
ランベール・ウィルソン:LAMBERT WILSON
ジャン=クロード・ブリアリ:JEAN=CLAUDE BRIALY
イヴ・モンタン:YVES MONTAND
ジェラール・フィリップ:GERARD PHILIPE
アラン・ドロン:ALAIN DELON
別窓 | 男優(フランス) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 麗しき銀幕の住人たち(男優館) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。